自己破産をしたら車を処分する必要がありますか?

破産をしたときは所有している財産を競売などで換金して債権者に配当することになります。当然自動車もその対象となるのですが、まずは所有者が誰であるのか確認しましょう。

今現在の所有者は誰?

車をローンで購入している途中の場合、通常契約ではローン会社に留保されます。この場合自己破産をするとローン会社が契約により車を引き上げてしまい手元には残りません。

一方既にローンが完済している場合は所有者は破産者になります。この場合財産となるので自動車は換金され債権者へ配当されます。しかし処分しても20万円以下にしかならない場合は処分対象から外されます。その場合は車を手放す必要はありません。そのためとりあえず自動車を査定して概算相場を把握しておくといいでしょう。ただし破産をしても公租公課は免責対象とならないので、自動車税の支払い義務は残ります。この点ご注意ください。

破産のときの自動車の扱いについて回答します

以前と比べて倒産も一般的になっています。皆さんの気になる質問に回答します。

自動車の査定は誰がするの?
正確な査定が必要な場合は財団法人日本自動車査定協会に依頼します。しかし普通の中古車買取店の見積もり書程度でも資産価値の証明として大丈夫な場合もあります。
自動車の査定は費用がかかるの?
日本自動車査定協会による査定は有料です。対してカービューなどの自動車査定は無料でできます。複数業者による査定が可能となります。
20万円を超えていたら自動車を手放さなければいけないの?
基本的には破産者の財産は換金されて債権者に渡されます。しかし新しい破産法では日常生活に必要不可欠であると裁判所が判断した場合、自由財産として所有することができます。これはケースバイケースになるので必ずしも自動車が該当するとは限りません。